2012/04/14

カケス、カルガモ、コジュケイ、メジロ(b)

 
13日:晴れ。

今朝も、7時頃、タメ池へ。

そうそう、猛禽類は期待出来ないと思いつつ、歩く。

今日は、いつものトビも何処かへ出かけたのか、カルガモだけ。

小さなトリ達の、飛んでいるのを、遊びながら撮る。

池には、田んぼでもこの頃あまり見られない、アメンボがいた。

直に、ウチに戻る。

アオジ、ウグイス、ホオジロなどが、庭に飛来。

夕方、アオジと一緒に、見た事がないトリが、と、思ったら、コジュケイだった。

コジュケイも飛ぶのを知る。

調べたら、元々は、中国のトリで、帰化鳥だった。

散り始めた桜には、メジロが飛来。

トビも含めて、猛禽類らしい姿は、一日見えず。





今日のトリ
 
 
 
 
 


カケス①
タメ池の上を。この写真では、カケスと分からなかった。羽の下が、こんなに赤く綺麗と、初めて知った。
 
 
 
 


カケス①
この羽のブル-で、カケスと。
 
 
 
 


カケス①
しっかり、目を開いて飛んでいる。ゴミは、入らないのだろうか。
 
 
 
 


カルガモ
何故かこの頃、よく飛んでいる。
 
 
 
 


コジュケイ①
サクラの木の下の、草むらに、飛来。草、取らなきゃ。(*≧m≦*)
 
 
 
 


コジュケイ①
1度も振り返らず、槇の垣根の下に消える。残念だが、付箋1枚。
 
 
 
 


メジロ
散り始めているサクラの木に。
 
 
 
 


おまけ:アメンボ
あめんぼ あかいな アイウエオって、歌いたくなる。カメムシの仲間と、初めて知る。身体に飴のような甘い匂いがあるそうだ。
 
 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント