2012/04/19

魅力な自然農法(g)

 
18日:晴れ、時々、曇り。

午前中、庭に、チラチラ飛ぶ白っぽいチョウ達が、現れたので、ツマキチョウかと思ったら、違った。(*≧m≦*)

タメ池に行く途中のお寺の近くで、ジャコウアゲハを見る。

これからは、花も、楽しみだが、チョウの季節にもなる。

タメ池から帰り、裏のイチゴ畑の草取りをする。

タメ池へ行く途中に、ソラ豆を植えている畑(?)がある。

そこは、草を刈らず、草と、イチジクの木何本かと、ソラ豆が、共存している。

それでも、ソラ豆の苗は、生き生きとして、草の中で、立派な花を沢山付けている。

見る度に、これぞ、自然農法(正しい自然農法は知らない。)と思い、これなら、私でも出来そうと、ついつい思う。

でも、イチゴは、背が低い。

草に埋もれているのでは、陽も当たらない。

今日、午前、午後と、時間を割いて、草取りをして驚いた。

まあ、沢山のテントウムシ達のいること。

背が高い野菜なら、草取りをしなくとも、もしかしたら、立派に育つかも。

草取りに難儀している私には、一度、タメして見る価値がある。





今日の庭の花
 
 
 
 
 


アイリス
まだ、この種類だけ開花。
 
 
 
 


アシュガ
増えそうで、中々増えない。
 
 
 
 


イベリス
いつ植えたのか、いつも消えていたのが、今年、復活。
 
 
 
 


モクレン
ようやく開花。
 
 
 
 


ジャコウアゲハ
お寺の近くのスカンポに。今年初めて。片羽が少し、傷付いていたので、何日か、前から飛んでいたのかも。
 
 
 
 


ベニシジミ
庭のデ-ジ-に。1週間程前に、見かけていた。
この下に、ヘビの写真を掲載しています。嫌いな方は、スル-してね。
 

 


 
 
 
 
 
 
 


ヤマカガシ
ニラの根元に。今年は、庭にカエルが多いので、多分、ヘビも多いかも。模様が美しい。大人と子供の中間位の大きさ。スルスルと何処かへ。
 
 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント